1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

アレトゥーサの告白

(更新日:2021.05.06)

アルペイオスとアレトゥーサ
カルロ・マラッタ〈アルペイオスからアレトゥーサを隠すアルテミス〉

娘ペルセポネーを探している母デーメーテールを見ていて、シケリアの泉のニンフのアレトゥーサは可哀相になり、見たことをすべて話すことにしました。

美しく男勝りな森のニンフ

そんなアレトゥーサにも、悲しい過去があったのです。アレトゥーサは、もとは森のニンフ。みんなが彼女の美しさをたたえました。しかし、彼女は狩りに夢中で、狩りの手柄を自慢しているような男勝りでした。

ある日、アレトゥーサは、狩りにほてった体を静めようと森の近くの川辺にやってきました。それは美しい流れで、水は澄み切って川底の小石が数えられるほどでした。片足を入れ、膝まで入ると、水の中に全身をゆったりとしずめました。そして、しばらく晴れた青空を見ながら水に浮かんでいました。

すると、川底から囁き声が聞こえてきます。怖くなったアレトゥーサは岸に上がり、川を離れ駆け出しました。すると、後ろから自分の名を呼ぶ声が聞こえてきます。

河神アルペイオスの横恋慕

「なぜ? 逃げるのかね、アレトゥーサ?
わたしはこの川の神、アルペイオスだよ」

アルペイオスはけっしてアレトゥーサより速くはありませんが、彼女を追ってきます。アルペイオスは男神で体力があります。やがて、彼女はだんだん疲れてき、精も根もつきかけると、女神アルテミスにお願いしました。

「お助けください! あなたの崇拝者をお助けください」
すると、アルテミスは彼女を厚い雲の中に隠しました。

アルペイオスは近くにやってきましたが、あちらこちらと歩き回るだけです。
「アレトゥーサ! アレトゥーサ?」
アルペイオスは大きな声で叫びます。が、けっして彼女を見つけることはできません。しかし、

彼女は怖くなりました。全身からは冷や汗がにじみ出し、髪の毛からはしずくが流れ落ちます。そして、アレトゥーサの足元に水がたまり、やがて泉になっていました。

ペルセポネーの略奪の目撃

アルペイオスは諦めきれず、アレトゥーサを探し泉を見つけました。このアレトゥーサの急を知ると、アルテミスは地面に穴を掘り逃げ場を開いたのです。彼女は逃げたい一心からこの穴の中に流れ込み、大地の奥を通りぬけ、シチリアの地に出てきました。

この時です。ペルセポネーを誘拐した冥界の王ハーデースが冥界への入り口を開き、中へと入っていったのです。アレトゥーサは、このことをデーメーテールにすべて話しました。

「お嬢さまは嘆き悲しんではいらっしゃいましたが、その顔にはもう恐怖の色はありませんでした。冥界の女王さまにふさわしいような凛々しさがありました」

ペルセポネーの略奪〉参照

次のページへ

【ギリシャ神話の本を集めました】