1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

鷹になったダイダリオーン

(更新日:2021.03.04)

ダイダリオーンとケーユクスの兄弟は、鳥に縁があります。
娘キオネの死から我を忘れた父ダイダリオーンは、気性の激しい性格のまま鷹になりました。
弟ケーユクスの愛らしい妻アルキュオネーは、夫の死体を見て心神喪失し可憐なカワセミになりました。
二人は鳥になっってからも、人間の時と同じ性格をしています。

鷹になったダイダリオーン

ダイダリオーンの荒い気性

ダイダリオーンの弟ケーユクスは、語りました。
あらゆる鳥たちを怖がらせているあの鷹という鳥は、
はじめから鳥類だったのでしょうか?
実は、人間だったのです。
その性格は鳥になった後も前も変わらないものです

ダイダリオーンとケーユクスの兄弟は、あの明けの明星と曙の女神(エーオース)の子供です。弟ケーユクスは平和を愛しているのに、兄のダイダリオーンは、争い事が大好きな気性の荒い性格です。

ヘルメースとアポローンに愛されたキオネ

ダイダリオーンには、美しいキオネという娘がいました。14歳の結婚適齢期をむかえると、その美貌からたくさんの求婚者がやってきます。アポローンとヘルメースの両神も彼女を見初めたほどです。

アポローンは礼節を守り、夜まで待ちました。が、ずる賢いヘルメースはとても我慢ができません。その杖がキオネに触れると、彼女はたちまち眠りに落ちました。その間に、ヘルメースは彼女を抱きました。
夜になって、アポローンが老婆に姿を変えて、キオネのところにやってきました。安心した彼女は老婆を家に入れました。その夜、アポローンは神である姿を現わすと。やはり彼女を抱きました。

キオネは両神の子を身ごもり、ヘルメースの子でずる賢い策略に飛んだアウトリュコスと、アポローンの子で竪琴の名手ピラムモンの双子を産みました。

ジェサ・マロッティによるアルテミス
ジェサ・マロッティ〈アルテミス〉

アルテミスの激怒

アルテミスより、自分の方が美しい
と言ってしまったキオネ。アポローンとヘルメースの両神の愛を得て、双子を産んだことで自慢してしまったのです。

アルテミスが許すはずもありません。
でもね、わたしのやり口は、あなたのお気に召すはずよ
女神はすぐさま弓を取り出すと、その矢でキオネの舌を射抜きました。キオネはその痛みを話すこともできず、流れる血とともに命を終えました。

娘キオネの火葬と父ダイダリオーンの暴走

弟ケーユクスの慰めが、娘キオネを失ったダイダリオーンの心に届くことはありません。何を言っても、その耳には入りません。キオネの遺体が焼かれる時、父ダイダリオーンは4回もその火に飛び込もうとしました。
しかし、弟とまわりの人々に押しとどめられると、狂ったように走り出しました。その速さは人間とは思われず、足に翼が生えたとしか思われません。

道なき野や森の中を駆け抜けると、ダイダリオーンはパルナッソス山を駆け上がり、その断崖から身を投げました。哀れんだアポローンが、その姿を鷹に変えました。
鷹になったダイダリオーンですが、荒い気性はそのままです。だから今でも鷹は、あらゆる鳥たちに猛威をふるっているのです。その娘を亡くした哀しみゆえに。

ダイダリオンの弟ケーユクスのその後は、こちらの話を読んでください。
カワセミの話 アルキュオネー】を読む

前のページへ 次のページへ

【ギリシャ神話の本を集めました】