1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

おひつじ座(星占い)

牡羊座
〈おひつじ座:王子プリクソスと王女ヘラー〉出典

(3月21日〜4月20日生まれの人)

テッサリアにアタマース王と王妃ネペレーの国があり、二人には王子プリクソスと王女ヘレーという子供がいました。

やがて、アタマース王はネペレーに冷淡になり離縁し、新妻イーノーをめとりました。前妻ネペレーは「新妻イーノーが、自分の子供たちに悪く当たるのではないか」と、心配になります。

そのころ、新妻イーノーはある計略を立てました。保存してあった穀物の種をあぶって芽が出ないようにし、その年を飢饉にさせたのです。

アタマース王は飢饉の原因を突き止めるため、デルポイの神託をあおごうと伝令を送りました。これを今か今かと待っていた新妻イーノー。王に隠れて伝令を買収し、「二人の子供をゼウスの生け贄に捧げよ」との嘘の神託を王に告げさせました。

二人の子供が生贄にされ、今にも殺されそうになった時です。ゼウスの使いヘルメース神が黄金の牡羊をつかわし、二人を助けさせ、天高く運びあげさせました。牡羊は東へと飛んで行きます。

牡羊はヨーロッパとアジアの境まで二人を運んできた時、王女ヘレーは誤って落ちてしまいます。落ちた場所はヘレースポンテス(ヘレーの海)と呼ばれました。今のダーダネルズ海峡です。

牡羊はさらに東へと飛んで行き、黒海の東海岸の国コルキスに到着。王子プリクソスは、コルキス王アイエーテースの歓迎を受け、王の娘と結婚することとなります。

プリクソスは牡羊(の肉と内臓)をゼウスに捧げ、コルキス王には牡羊の黄金の毛皮を進呈しました。王はその毛皮を神に捧げた森の中に隠し、眠りを知らぬ竜に守らせることにしました。後に、この黄金の毛皮を取りに行ったのが英雄イアソーン。それは「アルゴー船の遠征」と呼ばれる大冒険の話です。

助けたのに生け贄にされる牡羊がかわいそう?
古代ギリシャにおいては、神の遣わした獣は、生け贄として神に返す風習だったのです。

アルゴー船の遠征1】参照

牡羊座

おひつじ座の星占い

おひつじ座の性格チェック!今すぐわかる、性格、恋愛、行動パターン】から

おひつじ座・基本性格
・パワフルな実行力、新しい事を始めるエネルギーに満ちている
・人々を牽引していく力、リーダーシップを発揮
・旺盛な競争心があるため、人一倍負けず嫌い
・多少の危険や障害はものともしないで行動力
・独立的な思考が強く、人に頼らない

おひつじ座・恋愛感
・心のつながりを強く好む
・自分の本心は相手に解らせない
・新し物好き、新鮮な出会いの興奮を求めている
・移り気、一つの恋を成就するのが難しい
・追われるより、追いかける方が好き

おひつじ座行動パターン
・思いついたらすぐ行動
・行動してから考える
・熱しやすく冷めやすい
・物事を途中で投げ出してしまう傾向
・並ぶのが嫌い
・常に「今すぐ!」の思考で行動、案外短絡的

おひつじ座・響く言葉と嫌がられる言葉
〈響く言葉〉
情熱的、行動派、パワーがある、エネルギッシュ
〈嫌がられる言葉〉
短気、あさはか、自信ないんじゃない?、人の気持ちが解らない

おひつじ座・裏の顔
・自分は常に正しいと信じている傾向、おせっかい
・気が短く、せっかちで、早く結果を出そうとする
・悪気はないがついつい他人を急がせてしまう
・熱しやすく冷めやすいので一つの事が長く続かない
・金銭に関してはなぜか臆病
・あたり障りのない日常習慣的な収入を求め、コンスタントに稼ぐことを好む

気になりましたら、こちらのサイトもご覧ください。
おひつじ座2017年の星模様|石井ゆかりの12星座占い今週の星模様

前のページへ