1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。姉妹サイト〈1話5分で読める聖書-アートバイブル

やぎ座:アイギパーン

シューリンクスをとらえるパーン
ヤン・ブリューゲル 父〈シューリンクスをとらえるパーン〉ナショナル・ギャラリー

やぎ座:12月22日〜1月20日生まれ

牧神パーンと葦笛シューリンクス

シューリンクスは、半人半獣サテュロスや妖精にたくさん愛されていた美しいニンフです。彼女は女神アルテミスを崇拝していて、狩りばかりしていました。狩りの衣装を身に着けたシューリンクスは、女神と見まごうばかりの美しさ。ただ違うところは、女神の弓は銀で、彼女の弓は角でできていました。そんな彼女は、だれの愛も受け入れません。

ある日、シューリンクスは狩りの帰りに牧羊神パーンに口説かれました。彼女は逃げました。が、追ってきたパーンに川岸で追いつかれてしまいます。「もう逃げられない」とわかった彼女は、仲間のニンフたちに助けを求めました。ニンフたちは、その声を聞きました。

パーンがシューリンクスに抱きつくやいなや、彼女は葦に変身。パーンが溜息をつくと、その息で葦の茎の空洞が共鳴し、美しい調べを奏でます。

パーンは、調べの美しさと不思議さにひかれました。「この葦だけは、わしの記念にしよう」と、何本かの葦をとり、違った長さに並べて笛をつくったのです。また、パーンはニンフの名にちなんで、葦の笛を「シューリンクス」と名づけました。

ヘルメースがこの話をして、アルゴスの100の目が閉じました。〈イーオー〉参照

やぎ座
〈やぎ座〉

ティタノマキアでのパーンの功績

オリュンポスの神々がティーターンたちと戦ったティタノマキアの時、パーンの一人アイギパーンがホラガイを吹き鳴らしました。それはもの凄い轟音となり、ティーターンたちはパニックを起こして逃げ出しました。
ゼウスはその功績をたたえ、やぎ座として、天に上げたといいます。下半身が魚であるのは、魚に変身して海に潜り、貝殻を手に入れたときの姿であるといいます。

もう1つの説

オリュンポスの神々が巨人族と戦ったギガントマキアの時のことです。神々がナイルの川岸で宴会を開いていました。いつものように、アイギパーンは葦笛で美しい曲を奏でています。

この時、突然、怪物の中の怪物テューポーンが現れ、驚いた神々は動物に姿を変えて逃げ出しました。パーンはナイル川に飛び込んだところ、よく泳げるためにでしょう、下半身だけが魚になってしまいました。その姿を面白がったゼウスは、やぎ座として天に上げたということです。

ゼウス神々の王に ティタノマキア

ゼウス完全制覇へ ギガントマキア

参考サイト:やぎ座の性格チェック!今すぐわかる、性格、恋愛、行動パターンから

やぎ座・基本性格
・用心深く、危ないものには近付かない
・責任感が強いため、仕事や課題はきっちりやる
・後退したり横道にそれたりしない
・スピード感に欠け、生き方もスマートではない

やぎ座・恋愛感
・素直で正直で、堅実、遅咲きの恋
・静かにこっそりとつぼみをふくらませ、やがて実を結ぶ
・異性に対しては、かなりのオクテ
・恋のかけ引きや相手の心をとらえるテクニックは苦手
・将来への確実な見通しと保証がなければ、結婚には踏み切らない堅実派

やぎ座行動パターン
・決して活動的ではなく、出足も遅い
・逆境に対しては抜群の強さをもつ
・強靭な精神力と粘り腰は、たいていのことにはギブアップしない
・あらゆる面で晩成型、独立独歩

やぎ座・響く言葉と嫌がられる言葉
〈響く言葉〉
堅実、用意周到、働き者
〈嫌がられる言葉〉
面白みがない、上から目線、利己主義

やぎ座・裏の顔
・人に対する評価も冷静で厳しい
・上に対して媚びる態度を取ることもない
・自分自身に厳しさを課す
・厳しさに負けてしまう時、劣等感から自暴自棄になる

気になりましたら、こちらのサイトもご覧ください。
やぎ座2017年の星模様|石井ゆかりの12星座占い 今週の星模様

前のページへ 次のページへ