1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードが、絵画で分かりやすい。また、ギリシャ神話はあなたの美術鑑賞に役立ちます。〈アートバイブル〉も、絵画でわかりやすい聖書です。

オデュッセイア

トロイア戦争後、オデュッセウスの帰郷の際の10年間の数々の冒険と、帰ってからの妻ペネロペイアへの求婚者を殺すまでを歌ったホメロスの叙事詩。

トロイア戦争後のヘレネー 前編

トロイア戦争後のヘレネー 前編

トロイア戦争の原因になったヘレネーですが、彼女はトロイア陥落時に死んだのでしょうか?いえ、生きいて元の夫メネラオスと幸せに暮らしていたのです。
トロイア戦争後のヘレネー 後編

トロイア戦争後のヘレネー 後編

オデュッセウス殿はわれとわが身を傷つけ、ボロをまとい奴隷のごとき風体でトロイアの都城に侵入したのです。私以外に気付いた者は一人もおりませんでした。
カリュプソ島の船出 前編

カリュプソ島の船出 前編

オデュッセウスの帰国がかなうという、我らの決定をカリュプソに伝えよ。それは、神も人も手をかさぬ帰国でなければならぬ。筏に乗って20日間の苦難の末に...
カリュプソ島の船出 後編

カリュプソ島の船出 後編

えい、なんたることだ!わしがアイティオペス人の国へ行っている間に、オデュッセウスめについて、神々は考えを変えたらしい。
キュクロプス 前編

キュクロプス 前編

オデュッセウスはこの洞窟の主を一目見たかったので、部下の意見を取りあげません。この主が、部下にとってとんでもない疫病神になろうとは思いもしませんでした。
キュクロプス 後編

キュクロプス 後編

キュクロプスの頭に登っていくと、眼球に錐のように回しながらつき刺しました。主は身の毛もよだつ大きな悲鳴を上げて、仲間たちを呼びよせました。
魔女キルケ 前編

魔女キルケ 前編

オデュッセウス一行はテレピュロスの町を離れ、やっとの思いでたどりついたのが魔女キルケの住むアイアイエの島。キルケは、魔女メーデイアの従妹です。
魔女キルケ 後編

魔女キルケ 後編

オデュッセウスは敢然と剣を抜いておどりかかると、キルケはオデュッセウスの足元にひれ伏し寝室に誘いました。こうして、あっという間に一年間が過ぎて...
セイレーンの誘惑

セイレーンの誘惑

オデュッセウスは、帆柱に縛られたまま叫んだ「綱を解いてくれ〜、セイレーンの元へ行かせてくれ〜」。だが、部下は命令されていたように、さらに綱をまきつけました。
スキュラとカリュブディス

スキュラとカリュブディス

スキュラとは戦っても無駄だとキルケに言われていましたが、オデュッセウスは鎧をつけ槍を持つと、戦う準備をしていました。その時、カリュブディスが...
魔女キルケ2 キツツキの話

魔女キルケ2 キツツキの話

キルケは杖でピクス王に三度触り、呪文を唱えました。「なぜ、いつもより早く走っているのか!」ピクス王は「キツツキ(ピクス)」に変身していたのです。
オデュッセウスとナウシカア 前編

オデュッセウスとナウシカア 前編

オデュッセウスを見ると、女中はみんな馬車の陰に隠れました。が、ナウシカアだけは逃げなかったのです。それも女神アテーナが王女に勇気を吹き込んでいたからです。
オデュッセウスとナウシカア 後編

オデュッセウスとナウシカア 後編

ナウシカアの思いやりから、オデュッセウスは無事アルキノオス王に面会でき、二日後故郷イタケに帰ることができたのです。王女は、さぞ悲しい思いをしたことでしょう。