アートバイブル
絵画でイメージしやすい! アートバイブル 聖書
はとバス・日帰りバスツアー 私の体験記
はとバス・日帰りバスツアー 私の体験記

1話5分で読めるギリシャ神話

ギリシャ神話の神・女神・英雄のエピソードを絵画から分かりやすくまとめています。ギリシャ神話は美術を鑑賞する時、必ずあなたの役に立ち想像力を羽ばたかせてくれます。

ヘラクレス

ギリシャ神話第一の英雄・半神ヘラクレス。ゼウスとアルクメネーの子。ネメアの獅子、ヒュドラーの退治などの10(ないし12)の難行を達成した後、天にのぼる。

ヘラクレスの誕生

ヘラクレスの誕生

アルクメネーは貞節な乙女で、ゼウスといえども簡単には契りを結ぶことはできません。そこで、アルクメネーの婚約者アンピトリュオンが戦地に行った際に...
ヘラクレスの功業1

ヘラクレスの功業1

ネメアに住んでいるこの獅子は、硬い毛皮と鋼鉄の牙や爪を持っていました。剣や槍、弓矢ではその皮を貫くことができません。ヘラクレスは素手で戦うしかありません。
ヘラクレスの功業2

ヘラクレスの功業2

第2のヘラクレスの功業は、「ヒュドラーの退治」。9つの頭を持ち、真ん中の大きな頭は不死の水蛇です。吐く息は猛毒で、触れたものはみな死んでしまいます。
ヘラクレスの功業3・4・5

ヘラクレスの功業3・4・5

ヘラクレスの功業3ケリュネイアの鹿はじめ、功業4エリュマントスの猪、功業5アウゲイアース牛小屋掃除とエウリュステウス王の難題は続きます。
ヘラクレスの功業6・7・8

ヘラクレスの功業6・7・8

ヘラクレスの功業6はステュムパリデスの怪鳥、功業7はあのミノタウロスの父親クレタの牡牛、功業8ディオメデスの人食い馬です。
ヘラクレスの功業9・10

ヘラクレスの功業9・10

功業9アマゾン女王の腰帯、功業10 ゲーリュオーンの牛。ゲーリュオーンはダンテの神曲の地獄編では、ダンテとヴィルジリオをその背にのせて運びます。
ヘラクレスの功業11・12

ヘラクレスの功業11・12

ヘラクレスの功業11はヘスペリデスの園にあるヘーラー女神の黄金の林檎、功業12は冥界の番犬3つの頭を持つケルベロスを地上に連れてくることです。
ヘラクレス その他の物語

ヘラクレス その他の物語

地上に足がついている限り不死身なアンタイオス、利口なのか馬鹿なのか分からないカークス、イーピトス殺しのためにオンパレーに売られたヘラクレスの物語です。
ヘラクレスの最後と神格化

ヘラクレスの最後と神格化

ゼウスがヘラクレスを4頭だての馬車で天に運び上げて住まわせると、アトラスは天球の重みが増したことを感じました。ヘーラーもヘラクレスと仲直りしました。
ガランティス イタチのお話

ガランティス イタチのお話

ヘーラーの敵意が働いていると気づいたのが、アルクメネーの侍女ガランティス。けっして、良家の出ではなかったのですが、機転のきく賢い金髪娘でした。